ベルマーレサイクルストア

湘南ベルマーレサイクルストア

»トップへ

【2018 NEW MODEL 新着情報】 大人気 TALON、ATX シリーズ入荷しました!!2017年9月3日

いつも当店のブログをご覧いただきありがとうございます。

 

早速ですが、2018年 ニューモデル  『  TALON 』、『 ATX 』が入荷しました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どちらのモデルも2018年より全てリニューアルされ
コスパだけでなくその内容もググ~っとより本格的MTBな仕様になりました♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぱっと見の一番の大きな変更点はTALON 、ATX共にケーブル類が
チューブの中を通っているインターナルケーブルになった事です。

いろいろな路面状況を走るMTBにとってケーブル類が剥き出しなっていない事は
泥詰まりや錆びなどによる操作性の低下を防ぐのにも繋がります。

このあたりの仕様は上級モデル譲りですね~☆

そして上級モデル譲りのポイントをもう一つ♪

上の写真はTALON 1ですが、ここ数年のMTBのトレンドは
フロントシングルギアでリアは42T以上の大型コグが主流です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このTALON 1は標準ではフロントダブル使用になっていますが
リアは10速 11-42Tの大型コグを装備しており
リアディレイラーもスタビライザー機能が付いたシマノデオーレなので
フロントをシングル化する事が可能です。

あくまでダート専用として使用するならシングルにされるのもオススメですよ・・・・・
(※ 注:フロントチェーンリングの交換が必要です)

 

と、ここで終わらないのがNEW TALONです!!

上級モデル譲りのポイントをもう一つ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

しばらく前からMTBはチューブを入れないチューブレスタイヤが主流です。

チューブレスタイヤを使用するのはどんなホイールでも良いわけではなく
それに対応している必要があります。

チューブレス対応リムにチューブレス対応タイヤを装着し
専用シーラントを入れ空気の漏れを防ぐのですが
2018年 TALON 1 、2 はそれらが全て標準仕様ですので
お求めいただいたその瞬間からチューブレスタイヤの良さを実感できます!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらがそのタイヤシーラントですが
チューブレスにするメリットは沢山あります。

① チューブが無い分軽量化ができる
②リム打ちパンクの心配がないので空気圧を下げられるのでより路面グリップを求められる
(※注:リムの凹み、タイヤ外れにはご注意が必要です)
③小さな穴のパンクならばシーラントにより空気漏れを防止できる
④しなやかな乗り心地

などなど☆

そして2018年からGIANT 、LIVではチューブレスをMTBだけでなく
ロードバイクにも積極的に採用しています。

それだけチューブレスにするメリットは大きいんですね~♪

詳しくはコチラをご覧ください☆

ロードバイク、クロスバイクはもちろん
マウンテンバイクも是非当店にお任せ下さい!

皆様のご来店をお待ちしております。

 

湘南ベルマーレサイクルストア

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

Copyright(c) Bellmare Cycle Store All Rights Reserved.